移住前

古民家の虫対策と荷物処分【田舎暮らし1か月】

いのしし君
いのしし君
ふーちゃん(@fuuchannext)。素人で不器用なのに空き家の荷物処分や家の修繕がんばっとるのう!ツイッターみとるわ。
ふーちゃん熊
ふーちゃん熊
ありがとう。大した苦労にみえないかもだけど、実際はなかなか大変だよ。

築50年以上経つ古民家に入居して1か月。

5年間空き家だったお宅の荷物を処分したり、きれいに改装するのは想像を超える苦労の連続です。

実際におこなった荷物処分と修繕、ゴキブリ、ハチなどの虫対策についてまとめました。

【移住前】空き家バンクの物件の古民家への入居が大変


前回の記事『山口県光市に田舎移住したメリットとデメリット』でお伝えしたとおり、2021年7月より、総務省の地域おこし協力隊の制度を利用して、田舎暮らしを実現しました。

自治体ごとに対応が異なる空き家バンク制度


住む家については活動地域内で空き家バンクに登録のある物件の中から選びました。

街の不動産会社による一定のサービスの基準とは、まったく違った世界が、空き家バンクにはあります。

運良く改築済の5LDKで海がみえる、お皿などの生活道具は片付け済みの良い物件と巡り合うことができました。

空き家バンクには、シロアリが出たことがない、など登録されるには一定の基準を満たすがあります。

空き家バンク以外の物件だと、調味料、食材などがそのまま放置されているケースも耳にします。

空き家で田舎暮らしをはじめる時はしっかり準備の時間を取りたい

仕事開始から10日経った今も荷物の片付けをしているほど大変です。

まず、お部屋のカビの除去です。

梅雨時期で、山に近く、サッシがしっかりしているため、タンス、食器棚の裏をめくるとカビがありました。

そこで、掃除機で吸い取り➡雑巾で拭き取り➡アルコール除菌➡換気の流れを繰り返し、半月以上行いました。

広島市から通うごとに解消されていき、なんとか入居に間に合わせることができました。

空き家の敷地が広く荷物処分が大変

移住 空き家 古民家 山口県 移住
移住 空き家 古民家 山口県 移住
室内は大きな使える家具以外、片付けていただいていましたが、室外は荷物が残っていました。

ブラウン管時代のテレビ4台、冷蔵庫3つ、灯油ケース20箱、ビールケース15個などなど…

ありがたいことに、敷地が広く倉庫もあるのですが、そこに荷物が残っており、今も残っている荷物を少しずつ撤去している状況です。

家電製品の撤去代の負担であったり、街の賃貸入居では発生しない負担もあります。

田舎暮らしは「想定外」が当たり前、心とお金の準備を

田舎の民家に住む場合は、「いくつか想定外のことがおこるのが当たり前」といった気持ちと、そのお金を準備しておくべきです。

一部の荷物の処理をシルバー人材センターや電気屋に依頼する費用が発生しています。

今後行うリフォームとあわせて、思っていたよりお金がかかるという状況です。

ただ、街のように高額の負担なく、海辺の自然環境の良い一軒家に住めるというぜいたくを実現できる利点があり、田舎移住の大きな魅力です。

それとひきかえに、荷物の撤去やリフォームなどの苦労があります。

車で3時間程度のため、7〜8回自宅から通ってこれらの作業をしてきました。

ただ、遠方からの移住であれば、ここまでの対応は難しく、掃除も終わってません。

荷物もそのままの家でしばらく過ごすことになったはずです。

【移住後】古民家に入居1か月でやった虫対策と10個の修繕

虫対策だけでなく田舎暮らしは継続した取り組みが必要


上のツイートで入居1か月でやった修繕をまとめました。

ほかにトイレの臭気ファンや便座の交換もしました。

ぱっと見は「たいしたことない」感じです。

実際素人がやるには手間がかかるし、一部はプロにお任せしました。

街の賃貸マンションと規格が合わなかったり、古民家ならではの知識が必要だったり、てんやわんやでした。

地元の「移住先輩」が一番的確なアドバイスをくれました

移住先で頼れる人をはやく探すのも大切です。

床へニス塗り DIYで古民家リフォームがスタート

来年以降の移住希望者向け民泊開業が目標


DIYは妻が主導で進んでいます。

妻は時間がかかるタイプですが、良い品を選んでくれます。

色や質感に大きなムラがあったリビングの床も⇓の美しいツヤの出る水性ニスでとてもきれいになりました。

色数が多い商品でしっかり色目もあわせてくれました。

5LDKと広いため、時間はかかります。

ただ、地域に移住者を呼びたい思いが強く、そのために民泊をしたいと考えています。

古民家の虫対策に試行錯誤 ハッカ油でゴキブリに効果


妻が都会育ちで虫に免疫がなく苦労をさせてしまっています。

移住前にいろいろ説明したのですが「思っていたのとまったく違った」とのこと。。

反省としては、入居前に燻煙剤をたくべきでした。

虫対策で効果があったのが、上のツイートのハッカ油を使ったゴキブリの防除です。

小皿に敷いた塩とハッカ油5~10滴をたらしておくだけ。ゴキブリが来なくなります。

⇩のハッカ油を購入して高い効果がありました。

エタノールと水とあわせて、虫よけスプレーとしても便利です。

古民家に住む時は、模索しながら改装の連続です。

【まかせて安心】解決できないときは害虫駆除業者に依頼しよう

害虫で危険や不安を感じたら迷わずプロに依頼するのが大切


田舎暮らしの虫対策では、スズメバチ、マムシなど人の生死にかかわる危険な相手もいます。

そういった場合は、迷わず害虫駆除の専門業者に依頼しましょう。

僕も、移住3か月で2回、スズメバチの駆除に来てもらいました。

ハチ、ゴキブリ、毛虫、ムカデをはじめ、ネズミ、イタチ、ハクビシンなど多様な害虫、

動物の駆除のサービスを行っています。

人体に被害があってからでは手遅れですし、移住時は精神的な負担を減らしてやることが大切です。

国内のほとんどの都道府県をカバーしているムシプロテックがおすすめです。

ご相談、出張費、見積もりが0円で安心だからです。

害虫に困ったときは、下⇓をクリックすると24時間、Webや電話問い合わせが可能です。

>>害虫駆除のムシプロテックを確認する

古民家リフォームを自分でお手伝いした学び 移住後は、妻が望む古民家のリフォームや田舎での仕事を検討する必要があります。 今回は、古民家再生のお手伝いをした体験と...
地方移住での田舎の空き家物件の探し方【賃貸からがおすすめ】 これまで地方移住で大きなテーマとなる家探しについてまだ書いていませんでした。 これから田舎暮らしを検討される方に、賃貸...
40代の田舎暮らしの失敗談と苦労とトラブル【泣きたい】 ブラック企業を退職して1年ちょっと。脱サラリーマンの田舎移住生活には、いろんな失敗談やトラブルや苦労があります。 ...