複業

古民家リフォームを自分でお手伝いした学び

いのしし君
いのしし君
ふーちゃん(@fuuchannext)。古民家リフォームの手伝いしてきたって本当なん?
ふーちゃん熊
ふーちゃん熊
夫婦で貴重な体験させてもらったよ。田舎に移住すると家はみんな関わりある話だよね。

移住後は、妻が望む古民家のリフォームや田舎での仕事を検討する必要があります。

今回は、古民家再生のお手伝いをした体験と学んだことをまとめます。

続けてお読みいただくと、古民家再生ビジネスの入門編ぐらいになります。

自分で古民家リフォームは夫婦移住の条件


突然ですが、地方移住のための「必須科目」があります。将来、古民家をリフォーム(DIY)して住むことです。

それを理由に妻が移住に賛成してくれたからです。

移住を検討すると同時に、妻は『DIYリフォームアドバイザー』の資格取得や講習に通い、今回の古民家再生の手伝いの案件を探してきました。

僕はといえば、幼少の頃からプラモデルも一切作らず、鳥の巣箱の課題も家族に作ってもらう始末で、「ものづくり」と無縁の人生を送ってきました。

ただ、今回はやるしかないのです。

そうでないと、移住を許可されないわけですから…

妻から無言のプレッシャーを感じつつ、古民家再生の手伝いにいくことになりました。

実感できた古民家再生と賃貸ビジネスの可能性

素人でも大丈夫!5つの有益な可能性

現在までに、塗装やクロスの張替え、天井材の解体を経験しました。

「古民家再生賃貸」を手がける大家さんと「現場」でお話したなかで得た知見を下の表にまとめました。

■素人でもリフォームの手伝い可能
■ゼロから勉強して大家業が可能
■移住後の固定収入にできる
■購入して自宅にしたら家賃0円
■競合が増えるも需要は拡大の一途

それぞれ説明すると、
■素人でもリフォームの手伝い可能
⇒初日から素人作業でも、問題なくやらせていただき、少しずつ「経験値」をつけています。ワークショップを活用してはじめる方法もあります。

■ゼロから勉強して大家業が可能
⇒未経験の独学で副業ではじめながら、はじめる方が多数いらっしゃいます。

■移住後の固定収入にできる
⇒大家として1戸でも古民家賃貸していると、固定収入につながります。

■購入して自宅にしたら家賃0円
⇒購入代がネックですが、田舎では10万円〜20万円で購入できる話も耳にします。競売で0円で手に入れた話も聞きました。

■競合が増えるも需要は拡大の一途
⇒古民家大家業を新規ではじめたり、既存の業者が古民家に参入するケースも増えていますが、「地方移住」全盛の時代になりつつあるので、需要は拡大中とのことです。

古民家大家を実現するための3つの課題

●住宅の知識を勉強してつける必要がある
●古民家の購入資金と修繕代
●家族でやる時間、忍耐とノウハウ習得の努力

●住宅の知識を勉強してつける必要がある
⇒教材はYoutubeや本で独学が可能。不動産投資含めた学習が必要。(参考にした動画:競売大家おかぴチャンネル


●古民家の購入資金と修繕代
屋根・基礎部分などを大工、水回りなどもプロにまかせる必要があり資金がかかる。
●家族でやる時間、忍耐とノウハウ習得の努力
時間と忍耐が必要で断念してしまう人も多い。ワークショップを活用するなど無理なくできる方法を考える必要がある。

古民家大家について検討するため、⇩の本を読みました。中古物件の不動産投資でブログの情報発信に同時に取り組み有名になった大家さん。日々の大家業のことを、リアリティとユーモアあふれる文体で書いてあり、楽しく学びました。それとともに古民家大家への適性もわかる便利な1冊です。

複業で定住を実現するには移住後の収入の柱を複数育てる必要があります。

自ら購入してDIYするか、DIY賃貸借で住宅を契約することが、移住の「必須条件」なので、根気強く向かい合っていきます。

続いて後半です。

【後半】古民家リフォームは田舎暮らしと切り離せない関係

未来のDIYのためにできること

後半は、田舎に移住して切り離せない、古民家リフォームの体験談と役立った本、田舎の空き家問題、DIY型賃貸借契約などをまとめました。


その後も、続けて古民家リノベーションの手伝いを続け、1戸の作業が終わりました。
行った作業を記します。

■柱・戸・天井板・梁(はり)・浴室などの塗装
■クロス貼り
■天井板を壊す
■庭の樹木の伐採
■窓の養生テープはがし・洗浄
■室内・庭の清掃・荷物出し

高所の作業や汚れ仕事も多く、体力的にきつい日もありましたが、今後も続け、いろいろな技術を身につけたい気持ちです。

田舎暮らしと切り離せない関係だと思えるようになったからです。

進む田舎の空き家の法整備と自治体の空き家バンク・補助金の活用

国土交通省がDIY型賃貸借契約を推進

田舎では、今までの都会への人口流出・高齢化による人口減少などで、空き家の数の増加が社会問題となっています。ただ近年、社会問題となったことで、法律整備や行政の対策も進んでいます。

国土交通省はDIY型賃貸借契約を推進しています。

自治体では空き家バンクの登録や補助金の活用が増えています。民間でも古民家再生による賃貸借契約に注目が集まっています。公営住宅の空室や公務員住宅の縮小による民間利用も増加の一途で、移住者向けに募集されるケースも増えています。

田舎での住宅の確保は、たしかに難しいですが、少しづつですが、環境が整いはじめたといえます。ただ、移住希望者の需要を満たすには、地域にもよりますが、まだほど遠い状況です。依然として、荷物で沢山の部屋、仏壇や神棚の問題などで、賃貸利用が進まない現実もあります。

古民家リフォームを通じて実現したい2つのこと

今までの活動を通じて、

●移住を希望者のために古民家再生による住戸の提供に携わりたい
●移住して3年後には、古民家をDIYして、家賃負担ゼロで暮らせる環境をつくる

という目標が芽生えました。

田舎暮らしは、地域や集落によってルールや状況が違うため、田舎で新しいチャレンジをする時は「動きながら考える」ことが大切だと身を持って気づけたことも収穫です。

言ってみれば今は、田舎への「恋愛期間」。夫婦での本やネットの情報を通じて学習し、日々の対話も楽しみながら、準備を進めています。

移住後にDIYをするため、1年間何冊も本を購入した中では、⇩の「DIYリフォームアドバイザー公式テキスト」が有益です。知識をつけたり構想に時間がかかるため、早くからイメージをつくるため、幅広く確かな基礎を網羅している一冊です。

今すぐできる移住準備

■キャリア相談  ➡  POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)

■転職サイト登録  ➡  リクナビNEXT

■田舎で宿泊体験する ➡ STAY JAPAN

■賃貸物件を調べる ➡   DOOR賃貸

■引っ越し料金を調べる ➡  SUUMO

古民家の虫対策と荷物処分【田舎暮らし1か月】 築50年以上経つ古民家に入居して1か月。 5年間空き家だったお宅の荷物を処分したり、きれいに改装するのは想像を超える苦...
【古民家DIY】ジプトーンはパテで穴を埋めてペンキ塗り 砂壁は大和しっくいでおしゃれに 山口県の限界集落の古民家に移住して5か月。ようやく念願のDIYリフォームに取りかかることになりました。 リビングの...
これで解決!20代・30代の移住・田舎暮らしの仕事の選び方 「田舎に移住して地域とかかわり活躍したい」。 近年の調査では、20代の移住希望者が1番多いと結果に出ています。 ...