移住前

40代・50代の田舎暮らしを仕事・家付きで確実にする方法【田舎でもできる仕事】

移住するか1番迷うのが、40代から50代前半です。

就職氷河期世代で、新卒の就活で失敗した人がほとんどで、人生、子育ての苦労やトラウマを持っているからです。

そこで、都会で暮らす就職氷河期世代が、移住・田舎暮らしするのに大切な「仕事付き」「家付き」で移住を実現する方法を解説します。

就職氷河期・ロスジェネ世代とは

40代 50代 仕事付き 移住 田舎でもできる仕事 氷河期内定者グラフ
   引用元:毎日新聞
就職氷河期とは、1970年から1983年4月1日までに生まれた世代の人をさします。

バブル崩壊後の1993年から2005年の間に就職活動をして卒業した年代です。

ロスジェネ世代ともいいます。

僕自身、1999年3月の大学卒業で、大卒の内定率が6割程度でした。

女性が特に厳しく、正社員の内定がとれず、派遣社員やパートの非正規雇用で社会に出る人が多くいました。

ほとんどの人が、希望する企業に就職できなかった時代ともいえます。

40代・50代の田舎移住は仕事付きか家付きで確実に

田舎で出来る仕事を移住前から検討したい

40代でも、大手企業や高収入で今の生活に満足していれば、移住を考えないはずです。

サラリーマン生活に希望を持てなくなったり、ブラックな労働環境や都会の電車通勤で消耗しすぎるなどの理由があります。

■週5日ネクタイしめるのが嫌で嫌で仕方なかった
■週5日会いたくない人と会う
■サラリーマンはただの歯車で変わりはいくらでもいる

独身か、子どもがいる家族かなど家庭状況によりますが、失敗するとその後の軌道修正が大変です。

時間をかけても、確実な移住を選択してほしいとともに、人生をリベンジしてほしいです。

そのために、田舎移住の場合は

●夫婦どちらかの親戚の空き家を借りて家賃無料にする
●地域おこし協力隊になって仕事付き・家付きにする

など、家賃を下げることは特に大切です。

■ 貯金も仕事も決まってないのにとりあえず移住
■ 地域の特徴や気候を調べたり訪問せず移住
■ ホワイトカラーがフルタイムで力仕事

これは失敗の典型例なので、避けるべきです。

それでは、「田舎でもできる仕事」の選択肢を紹介していきます。

田舎の空き家はどうやって探すの?見つける方法と古民家を賃貸で借りるまで 今回は、地方移住で大きなテーマとなる家探しです。 田舎暮らしを検討される方に、賃貸、購入、2段階移住の選択肢のメリット...

40代・50代の移住①:正社員で転職して地方・田舎暮らしをはじめる

【40代・50代前半におすすめの転職サイト】

サイト名 特徴
リクルートエージェント 人材紹介サイト案件最大級。非公開求人10万人以上で地方案件が多い。
リクナビNEXT 転職サイト最大級の求人数。地方求人も幅広い業種で充実。
マイナビ転職 リクナビのライバルサイトに成長。若い世代の求人を得意とする。
コウジョウ転職 コウジョウ勤務の正社員求人に特徴。登録から入社までの面談・フォローあり。


過去に中国地方で、10年間に3度転職活動をした経験をもとに、地方や田舎に強く信用度が高い転職会社を紹介します。

転職最大手のリクルートからは、リクルートエージェントリクナビNEXTをおすすめします。

どちらも無料で簡単に登録できます。

僕自身、リクルートエージェントの非公開求人で転職経験があります。

求人数も豊富で、移住の選択肢として登録だけでもしておくことをおすすめします。

リクルートの地域密着型転職サイトとして、はたらいくもあります。地元企業中心で、ハローワークの求人とリクナビNEXTの中間層のイメージです。

田舎移住では工場転職も見逃せません。

地方都市では、高齢化が進み、現役世代の工場労働者の人材確保が難しくなっており、
待遇が上がっています。

正社員や契約社員の求人も多くあります。

コウジョウ転職は、正社員の求人が中心で、コウジョウや製造業に精通したエージェントが親切にアドバイスに乗ってくれます。

製造業への転職は、社宅や家具家電などが準備されている求人も少なくないのが魅力です。

▶ リクルートエージェントに登録する
▶ リクナビNEXTに登録する

40代・50代の移住②:家族一緒にパート・アルバイトで仕事する

【未経験OK!田舎の主なアルバイト】

職種 特徴・役立つサイト
ストア店員 田舎は現役世代が人手不足。求人数も多い。多くのお店で求人のチラシがはってある。Indeedはすべてのジャンルでおすすめ。
施設管理 待機時間も多く、労力は少なめ。自治体の指定管理などの委託が多く、時給は低め。
リゾートバイト 移住地を探す手段として探す人も。短期間でバイトできる「おてつたび」も人気上昇中。
工場スタッフ 田舎は工場バイトの求人が多く、求人難から給与も上昇傾向。
農業バイト 短期から長期のものまで。「あぐぽん」や「おてつたび」が便利。

正社員の仕事が少ない田舎では、アルバイトを選ぶ移住者も多くいます。

夫婦で同じアルバイト先に通って車を1台で済ませると、維持費がかからなくてすみます。

アルバイトを複数かけもちで生活する選択もあります。

離島への移住を目指したときに、よく使ったのが、世界NO1の求人特化型検索エンジンのIndeedです。

Indeedはインターネット上の膨大なwebサイトをシステムが巡回して、みつけた求人情報をまとめて掲載してくれます。

移住してアルバイトをしながら、オンラインの仕事など自分のスキルで稼ぐ仕事を数年かけて育てる人も多くいます。

短期で住み込みのバイトを繰り返しながら移住地を決める

【求人が多いリゾートバイト会社】

派遣会社名 特徴・PRポイント
リゾバ.com 業界最大手。1か月以内の短期求人が多い。
ワクトリ 未経験者のフォローが充実。動画で勤務先をお伝え。
リゾートバイトダイブ LINEで仕事紹介、問合わせ可能。地方拠点あり。
スタッフエージェント ホテルなど接客案件が充実。LINEを活用。
グッド・フェローズ レアな案件が充実。高時給案件が豊富。


最近は、お金を稼ぎながら、移住先を検討する人が増えています。

代表的なのが、おてつたびやリゾートバイトです。

おてつたびは、農繁期の収穫や宿泊先を短期アルバイトで手伝いながら、宿泊も無料で田舎暮らし体験ができるサービスです。

未体験の作業を経験することで、移住へのてごたえをえたり、数日〜1週間程度なので、複数の地域を訪問して、移住先を検討するのに向いています。

リゾートバイトの住み込み仕事は、1〜3ヶ月が一般的な期間で、長期の勤務も可能です。

時給1200円を超える求人も多く、住居、食費、光熱費がかからないため、移住費用を貯めることもできます。

▶ リゾバ.comで仕事をさがす
▶ ワクトリで仕事をさがす

40代・50代の移住③:地域おこし協力隊になって定住を目指す

なぜ40代で地域おこし協力隊がおすすめなのか

40代 50代 仕事付き 家付き 移住 地域おこし協力隊年齢別表              引用元:令和3年度総務省地域おこし協力隊員数より

上の表は、2021年度の全国の地域おこし協力隊員の年齢構成と男女比です。

40代は、団塊ジュニア世代を含むので、人口が多いです。

しかし、隊員全体にしめる割合は、全体の20%です。

20代、30代より少なくなっています。

40代で地域おこし協力隊として活動して1年の経験と見聞で言えば、20代よりは、30代、40代の地域おこし協力隊員がほしいです。

理由は

■ 地域や受け入れ団体との人間関係をうまくこなせる
■ 年配の人や集落の先人に敬意を持てる
■ 定住の可能性が高い

からです。

採用した自治体や、受け入れ団体が一番望んでいるのは、任期後の定住です。

都会で働く給料と比べれば、少なすぎるという人もいると思います。

ただ実際は、家賃無料、車1台貸与、副業可など、起業支援金最大100万円など、様々な優遇措置があります。

給与にあたる報奨金も年間最大280万円になっているので、月給で20万円を超える求人も多くなっています。

生活費が足りなければ、アルバイトもできます。

注意点としては、制度は各自治体が運用してるので、スタンスや細かいルールが異なります。

必ず、興味を持った自治体の現役、OBに話を聞くようにしてください。

地域おこし協力隊で失敗しない手順

■自治体の現役・OB隊員から直接話を聞く
■応募前に自治体・活動地域をよくみてまわる
■家族が納得する家を選ぶ
■任期を逆算して収入の柱を育てる

【ひどいは本当?】40代で地域おこし協力隊になった現役隊員が募集の選び方を解説「移住の島」で有名な山口県周防大島への移住を目指してネックになったのが、移住後の仕事でした。 その課題を解決するために選んだのが「...

40代・50代の移住④:リモートワークで移住する

今後増えるのが、リモートワークでの移住です。

東京圏からの移住では、移住・起業支援金制度で、単身60万円、2人以上の世帯で100万円が支給される可能性があります。

令和3年度からはテレワークで今の仕事のまま移住する人や、関係人口の要件を満たした人も対象となっています。

移住・起業の支援金を合わせると、支援金額は最大で300万円となるので、東京圏の方は、チェックしておきましょう。

各県や自治体のホームページにあるテレワーク移住等支援事業をご確認ください。

クラウドテックに登録してリモートワークをはじめよう

 【クラウドテックをおすすめする理由】

■ WebデザインやITエンジニアの案件が多い
■ マーケティング、営業案件も充実
■ 編集、Webライターの案件も多い
■ 事務や未経験可の求人もある
■ 報酬が高い

20年以上ある社会人経験のスキルを生かして、リモートワークにチャレンジするのもおすすめです。

「何らかの職歴が生かせそう」と思う人は、なるべく高い報酬が見込めるクラウドソーシングサービスから、チャレンジしてみましょう。

10個以上のサービスに登録、利用した中でおすすめしたいのが、クラウドワークスが運営するフリーランス専門のエージェントのクラウドテックです。

無料で登録でき、1分で案件を探すことができます。

高単価な上、競合相手が少なく、営業の手間が省ける点もメリットです。

キャリアサポートが充実しており、プロフィールや職務経歴などを入力しておくと、条件に合う仕事をメールで案内してくれます。

僕もブロガーとして学んだWebライティングのスキルを、メディアの編集やライターとして生かすべく、クラウドテックに登録して案件を探しています。

非公開案件が9割あり、会員登録しないと探すことができない仕事がほとんどです。

無料で1分で会員登録できるので、まず登録しましょう。

▶ クラウドテックに登録する

40代・50代の移住⑤:都会で副業を育てその仕事を持って移住

【はじめての副業におすすめしたいサイト】

サイト名 特徴
クラウドワークス 業界No.1ユーザー数300万人のオンラインお仕事マッチングサイト。エンジニア・デザイナー・ライター・オンライン事務など仕事の種類は200種類以上。
ココナラ 個人1人ひとりの「専門知識・経験・スキル」をオンライン上で気軽に売り買いできるフリーマーケット。クリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる。
フジ子さん オンライン事務専用サイト。バックスタッフ(PCを使った事務経験や、経理・Web・人事・総務・秘書業務など)の
経験がある方ならどなたでも応募可能。1ヶ月
BASE 無料のネットショップ制作サービス。雑貨、ファッション、ハンドメイド作品、食品、本などカテゴリーを問わずに自分だけのネットショップを未経験者が開設できる。


田舎に移住すると、いくつかの仕事を組み合わせて、生活を成り立たせる複業が人気です。

ただ、副業で稼げるようになるには、時間が必要です。

僕はそのために地域おこし協力隊になり、副業でWebライターとブログ運営をしています。

ライター、デザイン、事務、ショップ販売など自分のやりたいこと、稼げる可能性を考えながら、収入の柱に育てられれば、移住が近づきます。

上で紹介した、クラウドワークスココナラフジ子さんBASEは、実際調べ、利用する中で、これから副業にチャレンジするかたに、まず登録してほしいプラットホームです。

サイトにアクセスして、数分で登録すれば、副業のスタートラインに立てます。

▶ クラウドワークスをみる
▶ ココナラをみる

【初心者向け】ココナラの始め方・やり方とは?副業で失敗しないおすすめの使い方を解説 副業、フリーランスの登竜門として「クラウドワークス」と並んで有名な「ココナラ」。 クラウドワークスが対企業相手の仕事で...
複業でネットショップの運営は大変か?Shopeejapanの越境ECを学ぶ コロナ禍による在宅時間の増加で、ECショップ(ネットショップ)の売上が急激に伸びています。 個人事業主が複業で自分...

40代・50代の移住⑥:未経験から仕事につながる資格

介護の資格を取って働く:ホームヘルパー・介護福祉士・理学療法士など

移住後の仕事で需要の高い職種の代表格は、介護・福祉関係の資格です。

全国の地方の医療・介護施設は、スタッフを募集しているところばかりです。

入口で取得しやすいのは、ホームヘルパー2級です。

ホームヘルパー2級を取得しておけば、デイサービスなどの採用はスムーズに通過できる可能性が高まります。

現場経験を重ねれば、介護福祉士やケアマネージャーにステップアップできます。

ケア資格ナビは、年間200万人以上が介護・福祉・医療資格の講座を受講するための比較サイトです。

全国の介護関連のスクールを地域や費用や期間、講座内容を無料で調べて、一括で比較してくれとても便利です。

⇧のサイトに入ると5秒で、検索してくれます。

未経験で働きながら資格取得するには「かいご畑」がおすすめ

介護の仕事をはじめるのにおすすめなのが、『かいご畑』のような介護専門の転職サイトの活用です。

「かいご畑」では、未経験者が派遣就業した場合、「キャリアアップ応援制度」で、働きながら無料で資格講座が受講できます。

働きながら、金銭負担なくキャリアアップできると好評です。

非公開求人数は、公開求人の約10,000件を上回るとされ、有資格者のコーディネーターが相談や、各地職場の紹介をしてくれます。

拠点も関東以西に20か所ちかくあり、直接または電話での登録もできます。

●移住先が決まって、仕事を急きょ決めないといけない場合
●移住前から就業して、移住するときに、移住先の職場を紹介してもらう場合

などに便利です。

確実に働ける介護の仕事を選択肢に入れ、登録だけでもしておきましょう。

▶ かいご畑に登録する

日本商工会議所の日商簿記2・3級を取得して経理の仕事をする

田舎の事務の求人で、日商簿記3級を持った人のニーズが高いことに気づきました。

小規模な会社で仕分けなどの知識を持った人があります。

田舎でも事務の求人は女性に人気ですが、日商簿記の資格や経理経験があると重宝されます。

独学で書籍を買って勉強できますし、動画学習サイトの「Accountant’s library」は、月額980円(税込)で、日商簿記2、3級の講座をはじめ、経理に役立つ150以上の動画が見放題のサブスクです。

初月無料のため、最初の1か月を無料で使って、経理や簿記の資格取得の適性があるか確かめることができます。

登録すれば、すぐ勉強を開始できます。

▶ 初月無料で簿記を学ぶ

薬の登録販売者資格をとってドラッグストアで働く

ディスカウントストアやドラッグストアの求人で需要があるのが登録販売者です。

現在は薬剤師がいなくても、登録販売者が店舗にいれば、市販薬の販売ができます。

そのため、薬剤師より人件費がかからない登録販売者の需要が伸びています。

無資格者より登録販売者だと待遇も優遇されます。

試験は年1回で、取得した資格は、全国共通で使えます。

勉強期間は1~3か月程度といわれ、チャレンジしやすい資格です。

大手資格取得のヒューマンアカデミーの通信教育講座『たのまな』などで学び、資格を取得するのが一般的です。

eラーニングコースや、質問無制限などの体制があり、3か月で合格を目指せます。

まず、資料請求して検討するのがおすすめです。

▶ヒューマンアカデミーに資料請求する

40代・50代の移住⑦:今すぐ移住できない人は副業やプロボノワーカーで地方とかかわる

「子どもが高校生で、今移住して収入を落とすわけにはいかない」

そういった状況の人もたくさんいます。

その場合には、『副業やふるさと納税で地方・地域を支援する方法6選』の記事が参考
になります。

移住できなくても副業で、都会から、地方や田舎に貢献したり、田舎で稼ぐスキルを磨ける環境は、オンライン化やリモートワークの普及で増えています。

🔽の記事では、その具体的な方法を6つ紹介しています。

副業やふるさと納税で田舎や地方を応援・支援する方法6選【移住でない貢献】 地方移住するには、仕事、家族の事情など、時間がかかったり、移住したくてもできない人がたくさんいます。 僕も夫婦で移住が...

【まとめ】40代・50代の人にこそ積極的に移住を検討してほしい

今回は、移住のハードルが高い、40代・50代の人に向けた移住の方法をまとめました。

頭で考えて「移住なんてムリ」と悩んでも前に進みません。

今回は、都会のサラリーマンが、「田舎で出来る仕事」を紹介してきました。

どれか一つでも行動に移すと、数年後移住出来たり、人生が変わってくるはずです。

通勤時間やすきま時間にスマホ1台で始められます。

個人のことなので、はじめる、やめるもすべて自分の判断です。

まずは0➡1を目指しましょう。

20代・30代が地方移住で仕事・副業を選ぶ3ステップ【田舎で稼げる仕事】 近年の調査では、20代の移住希望者が1番多いと結果に出ています。 ただ、社会人経験も短く、稼ぐちからもなく、どうやった...
Webライターを副業でやってみた!未経験の初心者が在宅オンライン講座で挑戦 特別なスキルがなく、好きだった書くことで副業をはじめることを決意して、オンラインでWebライティング講座を受講しました。...
田舎暮らしの現実と向く人&向かない人を正直に伝えます【瀬戸内海移住1年】山口県の瀬戸内海がみえる家に移住して1年がたちました。過去の記事でも書きましたが、夫婦で「移住して本当によかった」と思う反面、古民家や虫、敷地の管理など田舎ならではの大変さもあります。この記事では、夫婦で移住生活して、実際どう思っているかや暮らしの変化を隠さず語ります。「田舎移住するべきか考える」ヒントやモチベーションにつなげてほしいです。...