温泉

京都の湯治湯・北白川不動温泉が残したラジウム泉後の清涼感

京都 北白川不動温泉

京都市中心部からバスでも行けるアクセスの良いラジウム泉

慰安旅行で1泊2日の京都に出かけた。

遠い昔、京都の女性にフラれたことをまだ引きずっているわけではないが、10数年ぶりの京都。

二日目の朝8時過ぎ、皆が朝食を食べてる中、ひっそりとホテルを出る。

4時間の自由時間、京都御所などの懐かしい場所も頭をよぎったが、

「温泉不足」の僕が向かったのは、やはり温泉だった。

学生の街で銭湯が数多く残る印象があり、調べてみたが、やはり温泉は限られていた。

その中で、ときめいたのが「北白川不動温泉」

比叡山に行く山中にあるラジウム泉につかりながら、のんびり疲れをいやせればぐらいの気持ちで向かった。

京都大学からバスで15分ほどの地獄谷バス停についたのが9時30分。

10時からなので門は閉まっていたが、インターホンを押すと、おかみさんが門を開けてくれた。

一番風呂と独泉を前にすると、ずうずうしくなってしまう。

少し待つと入館させてもらい、ビンに入った源泉(冷鉱泉)を飲泉するよう案内され、テンションが上がってくる。

地元、湯の山温泉の苦みを少しけずって柔らかくした感じだ。

京都 北白川不動温泉
「浴槽から気化するラドンガスを吸入することで効果があるから」

とのおかみさんの説明は半分うわの空で、肌がきれいやなというのと

早く一番風呂にありつきたい、落着きのない、だらしのない中年でしかなかった。

こんなに湯気が立ち込めるのは北白川不動温泉がはじめて

浴槽は狭く、お湯は循環させているが、源泉の投入量が多く、浴室内は湯気がずいぶんたちこめている。

浴槽に入ると自然に湯気を吸引することになる。

その感覚が新鮮なうえ、湯ざわりも良く、長湯してもらうためか、

浴槽の温度は39度くらいで、自分好みの湯を味わうことができた。

京都 北白川不動温泉
入湯後は、休憩室でくつろぐが、山間の風がひんやりと肌やほほをかすめてくれる。

梅雨時の京都ではまず想像できない、サプライズだった。

新鮮なお湯と風。転地効果もあり、ココロとカラダの疲れを取り払ってくれるに十分だった。

源泉も建物すぐ裏の岩の間からでており、湯の山温泉とそこもよく似ている。

源泉と与えられた環境をいかに生かすか、そんな、視点の大切さを改めて考える一湯だった。

宿泊はこちら⇓がすぐです。

住所 京都市左京区左京区北白川地蔵谷町1-244
電話 075-781-5480
営業時間 午前10時〜午後19時(木曜定休)
入浴料金 大人1300円 小人600円
HP https://www.fudouonsen.com/



島根の源泉かけ流しの日帰り温泉12選【温泉ソムリエおすすめ】中四国地方の温泉を湯めぐりして、一番よく通ったのが島根県の温泉です。 泉質が豊富で、源泉かけ流しの温泉が多くあること、島根の田園風...
広島県の日帰り温泉施設8選【温泉ソムリエおすすめ】泉質を重視する温泉おたくからは、「温泉不毛の地」とまで言われる広島県の温泉。 塩素消毒による塩素臭をはっきり感じる循環型浴槽が大半...
山口の源泉かけ流しの日帰り温泉8選【温泉ソムリエおすすめ】「温泉おたく」になってはや10年。 山口県のすべての市町村をめぐる中で、多くの日帰り温泉に行く機会がありました。 温泉ファン...