移住前

周防大島でお試し移住して仕事と収入を確保する必要を痛感

周防大島 移住 失敗 デメリット 貸家 移住者
今回は、山口県の周防大島にお試し移住して、移住体験で考え悩んだことまとめます。

残念ながら移住して思うような仕事や暮らしができず、引き返すという話もメディアでみかける地方移住。

実際に離島で移住者にお会いして、模索した日々を振り返ります。

待ちに待った山口の周防大島でのお試し移住体験のはずが…

周防大島町運営の貸家「島暮ら荘」で2週間の田舎暮らし

田舎移住の準備をはじめた頃から「お試し移住を必ずしてから移住したほうがいいよ」ってアドバイスをよく聞きました。

たしかに少しでも実際住んでみないと、移住後に「こんなはずじゃなかった…」ってなってしまっても、遅い話です。

そう考え、退職してお試し移住することにしました。

残念ながら、在職しながら移住体験できない環境です。

コロナ禍の影響で、2021年1月に退職して、2月に2週間のお試し移住期間を得て、周防大島町運営の貸家に入居しました。

昔から島が好きで、海が好きで、美味しい食べ物が好きで、両家の実家に2~3時間で帰れて…

そんな条件を満たす場所として、周防大島を移住候補地に選びましたが、実際住むとなると話は別です。

仕事の問題がのしかかります。

離島の仕事は職種の選択肢が少なく失敗談も

島の主な仕事は、建設・土木、介護、農業、漁業といった職種です。

特徴としては、橋を渡れば、柳井市、岩国市があり、離島の外に働きに出ることもできます。

20年間デスクワークメインの仕事をしてきた僕は、当初「島外に仕事に出るしかないか」とぼんやり思ってました。

ただ、次第にこっこさんの「田舎暮らし応援ラヂオ」を日々聴きながら考えるうちに、「好きなことを、好きな場所で、好きな人と」というフレーズが離れなくなりました。

妻にも「どうして島の外で仕事しようとするん?」と言われ、移住地で新しい取り組みをしたい気持ちに気づきました。

しかしながら、先月まで都会でマンション管理の仕事をしながら、10月までは資格試験の勉強をしていた身です。

移住後の仕事は、助成金などの支援制度とハローワークで少し調べた程度でした。

退職してお試し移住してから、本格的に検討したいと考えていました。

移住地の再検討と収入の柱を育てる必要を痛感

周防大島に移住して仕事と収入を確保する難しさを学ぶ

それをたった2週間で、「移住してこれをやろう」というテーマはみつかりませんでした。

あわよくば、地域おこし協力隊の募集とかないかな…とか思っておりましたが、そんな都合の良い話もなく…

周防大島での仕事は、広島市と比べると時給、月給が、15〜20%低くなるイメージでそれもネックになります。

「島で生きていく」には、力不足で長い目でみて離島が僕たちにとって「移住適地」であるのかを考え直す必要を痛感しました。

お試し移住の前に、島内の移住者に移住相談させていただきました。

その中で、「移住しても生活が成り立たず引き返す人も多いからよく考えることも必要」とアドバイスいただいたのも、大変ありがたかったです。

失敗できない地方移住  デメリットが大きく移住地の再検討へ

周防大島 移住 仕事 失敗 デメリット

夫婦で話し合い、仕事の問題が解決しないため、移住候補地を再検討することになりました。

移住するデメリットやリスクの方が大きく上回りました。

残念ではありましたが、サラリーマンから「移住成功した先輩」をみてると、移住の準備に2〜5年かけているのが一般的でした。

なので悲観せず、できることを継続して田舎暮らしの実現に向け頑張っていきます。

周防大島に移住するメリットとデメリット

周防大島を移住候補地として検討したなかで感じた、メリットとデメリットをまとめました。

『メリット』
●移住者が多く、移住者間のネットワークが充実している
●離島だが本州と橋でつながっており生活も便利
●離島ならではの情緒が素晴らしい
●柳井市や岩国市へのアクセスが良く通勤もできる

『デメリット』
■移住者が多く供給過多になっている業種も
(飲食業など)
■冬は本州よりかなり寒い
■水道代が高い(他自治体から購入しているため)
■仕事の職種が、飲食、介護、宿泊、農業、土木・建設など限られる
■希望の地区で貸家や売買の空き家物件を探すのが難しくアパートも少ない

仕事でいえば、求人自体はあります。

ただ、時給、月収面から、フルタイムのサービス業をのぞけば、一つの仕事で生活していくのは難しいと感じました。

移住者が多く、業種によっては事業化のハードルが高いと感じました。

移住前から、リモートワークなどオンラインの仕事に取組み、複業で生活するのがおすすめです。

周防大島での空き家探しについては、⇓下の記事に詳しくまとめています。

田舎の空き家の探し方は賃貸から【空き家バンク以外の物件の方法も紹介】 今回は、地方移住で大きなテーマとなる家探しです。 田舎暮らしを検討される方に、賃貸、購入、2段階移住の選択肢のメリット...

移住に関わる仕事・複業については、⇓下の記事に詳しくまとめています。

山口県に移住・田舎暮らしの仕事と複業の探し方 同じ山口県内でも移住する地域や転職の方法、選ぶ仕事によって移住後の働き方が大きく異なります。 大半が車通勤で道路が良く...

⇑上のどちらの記事も、このブログの人気記事です。

周防大島の移住本①:進化する里山資本主義(the japan times 出版 藻谷浩介監修)

周防大島に移住して仕事したい人におすすめの本

2013年にベストセラーとなった『里山資本主義』の続編です。

2020年に刊行されました。

里山資本主義とは「多様なものが共生し、循環再生が健全にさなれる社会」を支える経済思想です。

7年後に出版された続編では、地方移住が時代のキーワードとなった現在において、大きく変化を遂げる、情報インフラや自治体、個人事業主などに焦点をあてています。

周防大島にフォーカスした章もあり、瀬戸内海に移住を考えている方には特におすすめです。

周防大島町が15年の期間を経て、どのようにして、移住で注目を浴び、先進地と言われるようになったか、経緯と実情を説明しています。

観光や訪問するだけでは分からない、田舎の経済や移住者の姿が浮き彫りになっています。

また、ネット社会の発展が、田舎のビジネスや人のつながりにどのような変化をもたらしたか、多くの実例の紹介の中で語られています。

「田舎で躍動する自分の姿」を少しながら、当てはめて考えられるようになったきっかけを与えてくれた本です。

あこがれ、ぼんやりしたイメージでは、良い移住は実現しません。

リアリティをもって考えることができるこの本を推薦します。

周防大島の移住本②:周防大島が分かる「平凡な島の歩き方」

移住者の藤本雅文さんが島内88か所の観光スポットを紹介

周防大島のガイドブックは「平凡な島の歩き方」⇩が一押しです!

周防大島在住のライターさん藤本雅文さんの著書です。

寺下のぞみさんの写真も素敵です。

移住されて現地で生活された知識や人脈を生かした内容となっています。

周防大島への移住希望者の方は必読です。周防大島への訪問や移住準備が何倍も充実することをお約束します。

【まとめ】一つずつ行動・解決することが移住の実現につながる

離島移住するメリットやデメリット、お試し移住で学んだことを紹介しました。

移住準備から実現には1~3年程度かけるのが一般的です。

移住の知識をつけたり、今できることから、一つずつ取り組んでみましょう。

20代・30代が移住・田舎暮らしで仕事・副業を選ぶ3ステップ 近年の調査では、20代の移住希望者が1番多いと結果に出ています。 ただ、社会人経験も短く、稼ぐちからもなく、どうやった...
40代・就職氷河期世代の田舎暮らしを仕事・家付きで確実にする方法移住するか1番迷うのが、40代から50代前半です。 就職氷河期世代で、新卒の就活で失敗した人がほとんどで、人生、子育ての苦労やトラ...
無職で移住するには?退職前後にやるべきこと・手続き6選【つらいけど頑張ろう!】 移住者の話を聞くと、都会の仕事を退職し、無職になって移住先が決まる人が多いのも現実です。 僕も退職後、3か月間移住...
山口県周防大島のインスタ映えする瀬戸内海(suooshima instagram) インスタ映えする瀬戸内海には周防大島周辺で会える https://youtu.be/0SoidM2Rcsc この8か月間、地...
周防大島のおすすめ食べ歩きグルメ〜ランチ&カフェ&ラーメン編〜 移住地を探しながら訪れた山口県の周防大島で食べて、美味しいと思ったお店やおすそ分けの食べ物を紹介します。 田舎に行...