移住後

木造住宅の床下はスタイロホーム施工 壁はマシュマロタッチ塗料で湿気対策【古民家DIY】

ふーちゃん妻
ふーちゃん妻
移住してずっと気になってた部屋の湿気対策がうまくいって快適になったね。
ふーちゃん熊
ふーちゃん熊
いい方法だから、DIYしてる読者の方にもぜひ試してほしいね。

山口県の瀬戸内海に近い古民家に移住して1年。

日常生活で課題だった湿気対策にようやく取り組みました。

床下は断熱材のスタイロホーム、壁はマシュマロタッチ塗料で、湿気を減らして気分良く暮らせるようになりました。

山と海に近い築50年以上の木造住宅の最大の課題は湿度対策


「天井のジプトーンはパテで穴埋めペンキ塗装」の記事で紹介したように、移住後から古民家のリフォームに取り組んでいます。

素人ですが、周防大島でのリフォームの手伝いや、地域のDIY教室に通って知識をつけています。

山と海に面した、古民家の最大の課題は湿気です。

移住当初は、ホームセンターで湿気とりを買ってきても、10日もあればいっぱいになってしまい、妻のご機嫌も。。

対策が必要でした。

古民家の床下はスタイロホームと竹炭で湿気対策で効果大

一番湿気対策が必要な北側の和室は、床をめくると、つちと木材の合間にかびがみつかってしまうような状態でした。

床下の湿気をとるには、炭がいいという書き込みが多くありました。

そこで、竹林整備をはじめてできた人脈が役立ちます。

ご厚意で、段ボ―ル5つ分の竹炭をいただき、それを床下に置きました⇩。

スタイロフォーム マシュマロタッチ 塗料 床下竹炭

根太の間にスタイロフォームを切って詰めて湿気をシャットアウト

床下 湿気対策 スタイロフォーム
その後、土台の上の根太の間に、断熱材のスタイロフォームをカッターで切って、差し込みました。

スタイロフォームとは、発泡プラスチック系の断熱材の商品名です。

一般名称は「押出し発泡ポリスチレン」といいます。

スタイロフォームの特徴

■ 軽くて固い
■ 水を吸収しずらく
■ 熱も伝えづらい

床下に張るには、もってこいです。

続いてフローリング材用の表面粘着シートを貼って、床下からの湿気を密封させました。

スタイロフォームを埋め込んだあとに床板を置き、作業はひと段落です。

作業後は、湿気が床下から来なくなり、ゴキブリなどの虫も上がってこなくなりました。

⇧とは別に、根太の上にスタイロフォームと仕切りの角材を並べて、湿気対策する方法もあります。

後者だと高さが高くなること、新しい角材の費用も必要になってきます。

マシュマロタッチ塗料で壁の湿気対策

DIY マシュマロタッチ 塗料
スタイロフォームよりも悩んだのが、16畳あるリビングのビニールクロス壁の湿気対策です。

選択肢は下の3つでした。

① ビニールクロスをはがして新しい壁紙を張る
② ビニールクロスの上にしっくいを塗る
③ ビニールクロスの上にマシュマロタッチを塗る

古民家に入居後、妻が黄ばんだ壁や湿気で家具などがカビることを気にしていました。

何とかしないといけません。

①のビニールクロスをはがすのも大変な労力です。

仕切りがなく、面積が広い壁紙を素人が張るのも、難易度が高い作業でした。

そんな時、SNSで③のマシュマロタッチ(友喜のしるし)をみつけ、オンラインで商品の説明を受けました。

玄関の砂壁で使った大和しっくいより値段はかかりますが、部屋を少しでも快適することを

優先しました。

壁紙屋さんもかべ塗装におすすめするマシュマロタッチ


【しっくいとマシュマロタッチの比較】

マシュマロタッチの特徴 漆喰の特徴
沖縄の化石サンゴ 消石灰
ほぼ中性 強アルカリ性
抗菌作用が高い 殺菌作用が高い
内装塗料 本来外壁用

調湿効果の高い沖縄のサンゴが原料のマシュマロタッチ。

ビニールクロスの上から、ローラーで塗ります。

健康塗料として、手でも塗れます。

マシュマロタッチを塗る前にシーラーで2~3回下塗りするのがポイントです。

壁がきれいな白色に変わりました。

マシュマロタッチ 塗料 湿気対策 木造住宅

塗った後の空気が変わった感じと、妻の嬉しそうな表情が忘れられません。

住まいのリフォームやトラブル解決は業者にたよる選択肢も

今回は、木造住宅の床下や壁のDIYを紹介しました。

築50年以上の空き家に住むと、DIYできる部分と、水回りや屋根など業者に依頼するべき部分が出てきます。

家主含めてトラブルにならないように、「DIYか業者」かの見極めが、とても大切です。

業者探しや相見積もりには「生活110番」が便利

木造住宅 床下 スタイロフォーム 生活110番
『生活110番』は、家や暮らしのなかで発生する困りごとやトラブルを解決する専門業者を紹介するサイトです。

カギ開け、水漏れ、ガラス修理などの緊急トラブルからリフォーム、害獣・害虫駆除など120以上のジャンルの困りごとに対応。

全国3,000社の提携先から依頼にあった業者を探し出してくれます。

■地元業者がみつからなかった時
■地元業者が1社しか見つからなかったときの相見積もり先
■地元の人づてだと断りづらいから自分で探したい

時に非常に便利です。

トラブルのサービスは料金に意外な差があったりします。

必ず「相見積もり」をとるべきです。

そこで、地元の町以外の近隣の市町村の業者を探すためにも、ブックマークして、「生活110番」を活用しています。

「実は今困っている」ことが、生活110番で解決できるかも。

なので、🔽下のボタンをクリックして、一度チェックしてみましょう。

>>生活110番を詳しく知る

天井のジプトーンはパテで穴埋めペンキ塗装 砂壁は大和しっくいでおしゃれに【古民家DIY】 山口県の限界集落の古民家に移住して5か月。 ようやく念願のDIYリフォームに取りかかることになりました。 リ...
古民家の虫対策と荷物処分【田舎暮らし1か月】 築50年以上経つ古民家に入居して1か月。 5年間空き家だったお宅の荷物を処分したり、きれいに改装するのは想像を超える苦...
20代・30代が移住・田舎暮らしで仕事・副業を選ぶ3ステップ 近年の調査では、20代の移住希望者が1番多いと結果に出ています。 ただ、社会人経験も短く、稼ぐちからもなく、どうやった...