移住後

【田舎暮らしで無茶はやめとけ!】移住トラブルと失敗談7選

ふーちゃん妻
ふーちゃん妻
ふーちゃん(@fuuchannext)。サラリーマン辞めてから、1年の間に、不器用だからいろんな失敗談があったよね。
ふーちゃん熊
ふーちゃん熊
ホント恥ずかしい話だかりだね。田舎ならではのエピソードをまとめたよ。

ブラック企業を退職して1年。

脱サラリーマンの田舎移住には、無茶をした失敗談やトラブルがありました。

今回は、田舎暮らしを目指す皆様に「こんな大変なことがあるんだ!」というエピソードを7つ紹介します。

ブログ運営をはじめた苦労!操作がわからず歯ぐきから出血

2021年1月でサラリーマンを辞めると同時に、独学でwordpressブログを立ち上げました。

Google検索やYoutubeなどを繰り返し、サイトをつくる日々。

ある日、操作がわからず悩んでいると、歯ぐきが痛くなり、口元が赤くなって出血してしまいました。

悩むあまり奥歯をかみ続けすぎて、歯茎が悲鳴を上げてしまいました。

【2021年】個人ブログで収益化はオワコンといわれる理由Part2 WordPressブログはオワコンか?収益化をはじめて2.5か月の想い 個人ブログはオワコンではないが難易度が高い ...

離島のお試し移住は寒さでしんどくつらいので眠れない日々

田舎暮らし やめとけ つらい トラブル 周防大島

2021年2月にお試し移住した、山口県の周防大島の通称は「瀬戸内のハワイ」。

離島といえば、とにかく暖かいイメージでしたが、見事に裏切られました。

海上にあるので、冬は風がとても強く、気温も本州よりずいぶん下がります。

写真のように雪が舞う日も多く、川のそばで地温が下がる古民家は激寒で日本海側に行った心地でした。

畳の上に敷きふとんを2枚重ねて、エアコンとヒーターをつけて寝ても、寒さで夜中に目が冷めました。

人生で一番寒い冬。

今となってはいい思い出です。

周防大島でお試し移住して仕事と収入を確保する必要を痛感【田舎暮らし体験2週間】 今回は、山口県の瀬戸内海にある周防大島にお試し移住して、移住体験で考え悩んだことまとめます。 残念ながら移住して思うような仕事...

山口県に田舎移住前のつらい「2重の引っ越し」の苦労

40代 田舎暮らし 失敗談 トラブル 苦労 車
引っ越し前の1か月は、移住先の古民家や倉庫の荷物の廃棄と、自宅マンションの「2重の引っ越し準備」で、1日おきに、車で片道2時間半往復しました。

5年間空き家だったお宅の荷物や敷地の整理は『古民家の虫対策と引越し・空き家の荷物処分』で詳しく書きました。

そこで書かなかった失敗は、引っ越しの段取りです。

実は、節約しようと、引っ越しの車のサイズを2トンショートにして、あとは自家用車で古民家にちょこちょこ運んでいました。

だけど、引っ越し日に、なんと荷物が車に乗り切らず。。

残った荷物は、近所の実家にタクシーで持っていく始末。

移住先に、到着したのは夜の10時。

翌日は朝8時に出勤して、仕事初め。

疲労と不機嫌は、マスクのなかの表情で隠してごまかしました。

古い家の虫対策と引っ越し・空き家の荷物処分【古民家暮らし1か月】 築50年以上経つ古い家に入居して1か月。 5年間空き家だったお宅の荷物を処分したり、きれいに改装するのは想像を超える苦...

引っ越しはSUUMOの無料一括見積もりがおすすめ

移住に伴う引っ越しは、長距離で、人手不足から代金も高額化かつ変動が激しくなっているため、早めに準備、検討する必要があります。

まず、行いたいのは、インターネットで複数の業者の見積もりがとれる一括見積です。

注意点として、ほとんどの会社が電話番号の登録が必要で、一度登録すると、営業電話がかかってきます。

その点、リクルートの『SUUMO』は、下の画像のように、電話番号の登録が任意で必要なく、メールだけで済みます。

40代 田舎暮らし 失敗談 苦労 トラブル SUUMO
おおよその引っ越し費用を把握するために、一度、移住候補地の無料見積もりをとってみましょう。

⇩1分で情報入力できます。

▶ SUUMOで引越し見積りをとる

移住の引越しのノウハウについては🔽の記事でまとめています。

田舎で車なしの生活はきついか?【移住者が選択肢や維持費を解説】 地方移住の問題に、車や引っ越し費用の問題があります。 車を所有していない場合は、車の初期費用。退去手続きや引っ越し、古...

家庭菜園の立ち上げに苦労!5年放置の80鉢と木棚を撤去

古民家のハチ対策の無理で手首がTFCC損傷して全治3か月


「もう、ブンブン、ハチの音がこわくて車の場所に近寄れない」。

せっかくきれいにした家庭菜園の場所に、毎朝、ハチが寄ってきて、妻がひどく困っていました。

集落の人に「竹や木が密集しているから伐採したほうがよい」と聞きます。

妻が「田舎がいやになったら困る」ので、さびた切れないノコギリで、力づくで30本切りました。

その翌日から、右手首の外側がひどく痛みます。

病院に行くと「TFCC損傷」というじん帯の損傷と診断されました。

全治まで3か月かかりました。

「きちんと手入れした道具を使う。無理をしない」という田舎暮らしの教訓をひとつもらいました。

古民家が台風の「ゲリラ豪雨」で洪水のトラブル!原因は空き家の排水のつまり


移住して1か月後のお盆のことです。

台風がきて大雨におそわれました。

地球温暖化で、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる今、夏の雨の降り方は半端ないです。

一晩寝て起きて外にでてみると、「しゃれにならん!」。

自宅をとりまく水路が、床下ちかくまで浸水。。

家主様からお借りしたばかりなのに、家を傷めてしまってはいけないと、バケツで必死に水をかきだしました。

雨が落ち着いて調べると、空き家の間に排水が土砂で詰まっていたのが原因。。

田舎は甘くありません。

いろんなことがあります。

コロナで活動自粛中に寒い部屋でパソコンに張りついて40肩に


もちろん?人生ではじめての40肩です。

根気よくリハビリしてますが、なかなか完治しません。

家庭菜園のための開墾など、うまくいかないことと付き合いながらの日々です。

そのうまくいかないことをどこか楽しみ、笑い話とブログのネタが一つ増えたと思って過ごしています。

【Kindle本】ブログで月5000円稼げない人が独学でKindle出版するやり方 独学でKindle本を出版して3週間 ブログとのシナジー効果あり ブログを超える5000円以上の収益が発生 地方移住...

田舎暮らしのトラブル解決は業者にたよる選択肢も

今回は、限界集落の田舎暮らしでの失敗談を紹介しました。

近所の人に教わりながら、解決できるトラブルもあれば、プロ(業者)にまかせるべき
トラブルもあり、しっかり見極めることが大切と学びました。

「頭に残る困りごとを、安く手軽に解決したい」と思う気持ちは皆同じです。

安く良い業者をみつけるには「くらしのマーケット」が便利

ジプトーン天井 塗装 くらしのマーケット
『くらしのマーケット』は、家庭で発生するあらゆる困りごとを解決する専門業者を紹介するプラットフォームです。

くらしのマーケットのサービス

リフォーム/ハウスクリーニング/不用品回収/引越し/剪定・造園/害虫・害獣駆除/鍵と防犯サービス/リフォーム/エンターテイメント/整体・マッサージ/ペットサービス/家電の取り付け・設定/家具の修理・組み立て/オフィス・店舗向けサービス/水道修理・メンテナンス/自動車関連サービス/その他

あらゆる自宅の困りごとを「助っ人」をスマートフォンやパソコンで探せます。

全国の約5万件もの登録があり、個人事業主が作業に伺います。

【くらしのマーケットのメリット・デメリット】

■「企業の取り分」がないので料金が安い
■ 事前にネットで料金や評判が分かる
■ スマホで業者の検索や評価をみて選べる
■ 最大10万円の保証がある
■ 大手ほどの安心感がない

私も近所の個人事業主にお世話になりましたが、

■地元業者がみつからなかった時
■地元業者が1社しか見つからなかったときの相見積もり先
■地元の人づてだと断りづらいから自分で探したい

時に非常に便利です。

人手で行うサービスの内容には料金に意外な差があります。

必ず「相見積もり」をとるべきです。

そこで、地元の町以外の近隣の市町村の業者を探すためにも、ブックマークして、「くらしのマーケット」を活用しています。

「常日ごろ頭をくすぶる家のもどかしさ」ことが解決できるかも。

なので、🔽下のボタンをクリックして、一度チェックしてみましょう。

 ▶ くらしのマーケットをみる

田舎はつらいからやめとけ!ではなく自分や家族に合った移住地を探してほしい

田舎暮らし やめとけ 田舎 川の景色
今回は、山口の限界集落に移住した失敗談を中心に紹介しました。

地方移住で大切なのが、移住地の選定です。

定住を実現するには、様々な角度から最適な場所を探す必要があります。

私も今回紹介したつらい思いもしましたが、それを集落の人に笑い話にできるほど、今の田舎暮らしに満足できています。

移住はあくまで手段であって目的ではありません。

今都会で皆さんが思い描いている田舎暮らしを最大限実現するには、どんな場所や家、仕事がいいのか、このブログをじっくり読めばわかっていただけるはずです。

田舎暮らしを無理と思ったら?問題を減らしていけば移住は実現します。 「田舎暮らししたい」と思ってもなかなか踏み切れない人が多くないですか? 僕ら夫婦もそうでした。 実際「移住し...
【特集】40代・50代の田舎暮らしを仕事・家付きで確実にする方法7選移住するか1番迷うのが、40代から50代前半です。 「仕事をどうするか?」の問題があります。 就職氷河期世代で、新卒の就活で...
【公開】田舎暮らしの現実と向く人&向かない人を正直に伝えます山口県の瀬戸内海がみえる家に移住して1年がたちました。過去の記事でも書きましたが、夫婦で「移住して本当によかった」と思う反面、古民家や虫、敷地の管理など田舎ならではの大変さもあります。この記事では、夫婦で移住生活して、実際どう思っているかや暮らしの変化を隠さず語ります。「田舎移住するべきか考える」ヒントやモチベーションにつなげてほしいです。...