移住後

HSPが地方移住で幸せを感じる理由【田舎に住みたい心理を解説】

近年よく耳にするHSP(Highly Sensitive Person)。

生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、実は僕もHSPな1人です。

都会から「HSP移住」して、田舎に住みたい心理や静かな環境で仕事をする暮らしの中で学んだことをまとめます。

HSPとは生まれもった性質

HSP 田舎暮らし 田舎に住みたい心理 周防灘の景色
HSP(Highly Sensitive Person)は、生まれ持った性質です。

環境や性格など生後の環境による部分ではなく、日本人の5人に1人があてはまる『性質』です。

8割の人には理解されないため、HSPの特性は共感を得ることが難しいといわれます。

学校や会社などの共同生活で、まわりに合わせようと無理をして、生きづらさを感じやすくなることが、社会でも問題視されるようになっています。

HSPで地方移住を決断した理由

サラリーマンをしながら、週末に田舎の源泉かけ流しの温泉に通う生活を10年続けました。

仕事は、ブラック企業のクレーム対応や事務の残業が多い職場で、平日は、家と会社の往復でした。

週末は、県外まで車を走らせて、田舎の温泉に入って心身ともにリフレッシュ。

その繰り返し。

次第に、田舎で暮らす方が、自然なことに思えてきました。

10年がんばっても、状況は好転せず、妻の理解もあって『山口県光市に田舎移住します』の記事の経緯で、限界集落への移住が決まりました。

山口県光市の海の近くの物件で田舎暮らしするメリットとデメリット 「海の近く・仕事・家」の3つの条件が整い田舎暮らしが実現 たった5分のショートムービー...マジックアワーからのブ...

瀬戸内海の限界集落は静かで心が落ち着く幸せな場所

夫婦で長く住みやすい山口県光市を選択

HPSのため、都会暮らしの時は、マンションの隣室の音で深夜に目が覚めたり、仕事で上司と言い争ったら、朝まで眠れない性格です。

田舎暮らしをはじめてからは、仕事や生活で嫌なことはないし、自分らしい幸せが感じられる移住生活を送っています。

今までの時代は、田舎にいると収入や仕事がなかったりで、都会に出るのが自然なことでした。

ただ、読者の皆様もご存じのように、パソコンがあればどこでも働ける時代で、田舎は、高齢化で都会よりも人手不足です。

仕事もあります。

人生100年時代に、長く健康で働き、幸せになるために、田舎移住して1年が過ぎました。

ふーちゃん熊
ふーちゃん熊
地方移住は、住みやすい県、地域、集落だったり「好きな場所」を選ぶことがとても大事です。
【公開】田舎暮らしの現実と向く人&向かない人を正直に伝えます山口県の瀬戸内海がみえる家に移住して1年がたちました。過去の記事でも書きましたが、夫婦で「移住して本当によかった」と思う反面、古民家や虫、敷地の管理など田舎ならではの大変さもあります。この記事では、夫婦で移住生活して、実際どう思っているかや暮らしの変化を隠さず語ります。「田舎移住するべきか考える」ヒントやモチベーションにつなげてほしいです。...

田舎移住で都会のサラリーマンの消耗・疲弊がなくなった


上のツイートで限界集落で仕事するメリットを並べてみました。

今は地域おこし協力隊員として活動中で、基本1人での仕事になります。

メリットが多く、デメリットとしては、1人で働くので自己管理しないといけない点です。

HSP気質だからこそ、感じたり、気づくことも多くあります。

HSP気質で都会でとても苦労している人には、移住して働くことは、すごく価値があり、人生を変えることにつながると伝えたいです。

【ひどいは本当?】現役地域おこし協力隊が失敗しない募集の選び方を解説「移住の島」で有名な山口県周防大島への移住を目指してネックになったのが、移住後の仕事でした。 その課題を解決するために選んだのが「...

HSPが幸せな田舎暮らしに役立っています【田舎に住みたい心理】

HSP 都会 田舎 瀬戸内海の景色
空気や景観のよい田舎で暮らすと、一度メンタルが崩れたときも、自然のなかで回復できます。

都会のビルに囲まれて働いてた時は、翌日や、週末に温泉に行かないと回復できない状態でした。

さらに、HSPは、小さなしぐさや言動をくみ取る力にすぐれます。

田舎だとこの回復が早かったり、機微を感じやすく、顔の見える人づきあいが多い田舎暮らしで役立っています。

田舎の人付き合いは、年齢や「自治会長」「組長」などの立場こそあれ、基本的にフラットです。

サラリーマンで対上司だと「どうにもならない」ことが多いですが、田舎暮らしは違います。

移住者であっても、フラットな関係を生かして、人間関係をつくっていけば、手伝ってもらったり、土地を借りたり、いろんなことができます。

僕自身、都会では「サラリーマンには向いてない」と思うばかりでしたが、田舎では、自分にまったく別の可能性があると思えるようになりました。

HSPの人こそが地方移住に向いた人


正直HSPは、都会のサラリーマンでは、デメリットが強すぎます。

そして、その仕組みはなかなか変えようがありません。

そうであれば、地方移住を検討してみる価値はあります。

HSPの人こそ、移住して暮らしの満足度が高まり、幸せを実感できる可能性が高いです。

移住するしないにかかわらず、人や場所、働き方、稼ぎ方といった「新しい世界」との出会いもあります。

このブログを読んで、「移住への扉」を開けてもらえたら、この上ない喜びです。

田舎移住に迷ったら将来についてキャリア相談する

キャリアについて頼れる人やプロに相談したい

なんとなく「移住したいなと思っている人」は、一度自分のキャリアについて、相談することをおすすめします。

メンター的な人や、会社以外で頼りになる人などに。

人生で大切な決断なので、プロに相談するのもいいと思います。

POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)は、転職支援ではなく、20代・30代を対象にしたキャリアのパーソナルトレーニングサービスです。

採用通過率1%の難関を突破した優秀なキャリアトレーナーが相談にのってくれます。

後悔しない人生のために、ひとりひとりに合ったキャリアを一緒につくってくれると評判です。

SNSでもよくみかけるようになってきました。

ポジウィルキャリアには、無料相談サービスがあります。

一度、プロから客観的なアドバイスも聞き、移住が自分にふさわしい選択か、しっかり考えてから移住を検討しても遅くありません。

▶ ポジウィルキャリアで無料相談する

【これからの副業】都会から田舎や地方へ応援・支援する方法6選 【移住者厳選】 都会から田舎へ移住するには、仕事、家族の事情など、時間がかかったり、移住したくてもできない人がたくさんいます。 僕も夫...
サラリーマンに向いていない人は「やりたくないリスト」と診断で移住を検討しようブラック企業での泥沼のサラリーマンを辞めると決めてもうすぐ2年。 山口県の瀬戸内海がきれいな家に地方移住して7か月になります。 ...
田舎で稼げる資格と食いっぱぐれない仕事【ろくな仕事がないはウソ】 地方や田舎で最大のネックになるのは、仕事や収入面です。 実際に田舎に移住して感じた、「何の資格が役立つか、何から取...