移住後

一番節約できるものは通信費!UQモバイルとMugenWifiで田舎暮らしの生活費削減に挑戦

ふーちゃん妻
ふーちゃん妻
ふーちゃん(@fuuchannext)。田舎暮らしするのに通信費の見直しと節約は大事なのに…はやく書いてよ!
ふーちゃん熊
ふーちゃん熊
ごめんなさい。今回ようやく書いたから読んでみてね。

移住するにあたっては、家賃、光熱費、食費などの生活費がどれだけかかるか把握して、見直す必要があります。

今回は僕ら夫婦が行った生活費節約につながる通信費の削減法を紹介します。

山口県の田舎移住で生活費はどう変わった?

家賃以外の生活費は大きく変わらないのが現実

一番節約できるもの 通信費 田舎暮らし 山口の田舎の風景
移住先を検討する時に、大きなテーマである生活費のことを書きます。

結論、家賃、駐車場代以外は大きく変わりません。

都会の生活と比べて、野菜をもらったり、コンビニで無駄にお金を使ったりは減りました。

限界集落で近くに居酒屋がないので、飲食・交際代も下がりそうです。

ただ、夫婦2人だと、1人1か月当たりが、1万〜3万円程度の節約ではないでしょうか。

なので、転職して移住する人には、「家賃が安いところを探すよう」アドバイスします。

その方法については田舎の空き家はどうやって探すの?見つける方法と古民家を賃貸で借りるまで』に書いていますので参考にしてください。

とにかく家賃で固定費を下げることが大切です。

田舎の空き家はどうやって探すの?見つける方法と古民家を賃貸で借りるまで 今回は、地方移住で大きなテーマとなる家探しです。 田舎暮らしを検討される方に、賃貸、購入、2段階移住の選択肢のメリット...

一番節約できるものは通信費!見直しは移住前からできる

田舎暮らしするのに一番のネックとなる収入面。当然節約が重要になってきます。

私自身も移住前後の給与の支給額を比べると、残念ながら今は6割ほどです。

移住前後は、引っ越しや、古民家の小修繕、ホームセンターに2日に1日通ったり、出費がかさみました。

8か月たち、「移住前より生活費がだいぶ下がってきたね」と夫婦で話すようになりました。

削減できた支出は、通信費、家賃、食費、交際費になります。光熱費は、瀬戸内海でも温暖な場所のため、都会と同程度です。

移住前から行った携帯電話とネット回線の通信費節約

格安SimのメリットとUQモバイルを選んだ理由

移住検討時に、夫婦で携帯電話の契約をドコモから、格安simのUQmobileに変更しました。

格安simに変えても、大手キャリアとサービス品質に変わりはありませんでした。

夫婦2人で月16,000〜17,000円の携帯電話代が、6,000~7,000円になり、10,000円節約できています。

すでに田舎に移住することを決めており、田舎でも強いau回線を利用している会社を選びました。

地域差はありますが、田舎では、ソフトバンク回線はドコモから回線を借りている場合も多く、弱いエリアがあると聞きます。

移住候補地を訪問した時に、電波状態を確認して問題なく、今もUQmobileと契約を続けています。
▶ UQモバイルをみる

LINEやMessengerの電話機能を使って節約する

田舎に移住して、電話が増えるかと思いきや、そうでもありません。

集落の人と人づてに連絡したり、LineやFacebookのMessengerの電話機能も含めて、連絡を取り合っています。

自宅のマンションのドコモ光回線を楽天ポケットWifiにして節約

移住が決まるまでに、自宅のドコモ回線を楽天ポケットWifiに変えました。

当時楽天ポケットWifiが、1年間無料で契約できたためです。

違約金はかかったものの、月額4,500円かかっていたドコモ光の料金はかからなくなりました。

移住後 楽天ポケットWifiからMugenWifiに契約変更して節約

移住後、7か月は楽天ポケットWifiを使用しましたが、無料期間の1年間を迎えるため、ほかのポケットWifiに変えることにしました。

古民家には、もともと光回線の引き込みがなく、引き込みできたとしてもNTT1択の集落です。

限界集落で、ケーブルテレビ局の回線もサービスエリア外です。

集落内には、光回線を引き込めないお宅も多く存在します。

楽天ポケットWifiは、2022年3月現在、楽天回線が未開通の地域で、解約しないとほかのキャリアを通信に使うので高額な料金が発生してしまいます。

通信速度にも問題がありました。

田舎暮らしでは通信費を節約できるクラウドsim「Mugen Wifi(無限Wifi)」が一押し

これらの課題を解決するポケットWifiがMugen Wifiでした

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの中から、一番早い回線を使ってくれる商品で、月額のデータ容量は100GBです。

テレビをなくし、夫婦ともパソコンや携帯電話の利用が増えたため、速度、容量のニーズを満たしてくれています。

速度に問題があれば、契約後30日以内は無料で解約できるメリットもあります。

 【MugenWifiのサービス概要】

月額データ容量 100GB
キャリア docomo・au・Softbankから最速を選択
事務手数料(税込) 3,300円
月額料金(税込) 格安プラン:3,718円 2年間縛りなしプラン:4,378円
契約期間 2年
【Mugen Wifiのメリット】

1.10,000円キャッシュバックがある
2.クラウドSIMで3大キャリアから最速を選んでくれる
3.キャッシュバック含めると最安値クラス
4.30日以内は全額返金で解約できる
5.100GBまで通常使用できる
6.2年を超えると違約金なし&端末返却不要
7.端末は最短で即日発送
8.持ち運び可&海外でも使える

もしもアフィリエイトに登録してセルフバックで3070円節約

以前書いたASPに登録してサラリーマン以外の仕事で複業収入を稼いでみようであった、もしもアフィリエイトに登録すると、自分に報酬が入るセルフバックの機能があります。

登録して、Mugen Wifiを申し込んだ人には、3,070円の報酬が入ります。

ASP とは、インターネットやSNSで、成功報酬型のサービスを提供するサービスプロバイダーです。

ASPに登録して紹介した商品が、ブログや SNS を通じて、登録、申込、購入などの「成果」を満たせば、報酬が支払われる仕組みです。

僕も、自分に報酬が入るセルフバックを活用して申し込みました。

もしもアフィリエイトへの登録は、⇩の画像をクリックすると3分でできます。

もしもアフィリエイトに登録してMugen Wifiへの申し込みがおすすめ

移住した地域・自宅の通信環境を含めた判断が必要

ASPでは、多様な商品が扱われています。

ブログがないと登録できないASPも多くありますが、⇧の記事のように、大手で今すぐ登録できるASPもあります。

通信の商品選びは、携帯、ネットの使用状況、そして移住先の通信環境含めての判断になります。

ただ、格安simのUQmobileへの変更や、ポケット型のMugen Wifiが、田舎移住で通信費削減につながることを確かめてきました。

なので、もしもアフィリエイトへ登録+セルフバックを利用してMugen Wifiの申し込むと、

3,070円セルフバック&10,000円キャッシュバック+30日全額返金解約可

のメリット十分の条件で、今から節約できます。

行動に移すことで、移住の実現を引き寄せていきましょう。

▶ Mugen Wifiをもっと知る

▶ もしもアフィリエイトに登録する

田舎で稼げる資格と食いっぱぐれない仕事【ろくな仕事がないはウソ】 地方や田舎で最大のネックになるのは、仕事や収入面です。 実際に田舎に移住して感じた、「何の資格が役立つか、何から取...
【簡単】A8net・もしもアフィリエイトのセルフバックがおすすめ【稼げる】 田舎移住を検討し始めると同時に、移住後の収入確保が問題になります。 ブログ運営などに1年取り組んだなかで見えてきたのは...
【公開】田舎暮らしの現実と向く人&向かない人を正直に伝えます山口県の瀬戸内海がみえる家に移住して1年がたちました。過去の記事でも書きましたが、夫婦で「移住して本当によかった」と思う反面、古民家や虫、敷地の管理など田舎ならではの大変さもあります。この記事では、夫婦で移住生活して、実際どう思っているかや暮らしの変化を隠さず語ります。「田舎移住するべきか考える」ヒントやモチベーションにつなげてほしいです。...